メニューを飛ばして本文へ

流動浸漬塗装についてflow dipping coating

流動浸漬塗装とはabout flow dipping coating

下の浸漬の図の様に多孔板を底板とした浸漬槽に紛体塗料を入れ、下から圧縮空気を入れると、紛体塗装が舞い上がり流動状態となります。そこに、塗料の融解温度以上に熱した被塗物を浸漬すると、その表面に接触した粉体塗料は半溶融状態か溶融状態で塗膜を形成します。必要に応じて後加熱して仕上げます。
膜厚は200μm~500μmとなります。

流動浸漬塗装

流動浸漬塗装